わかってほしいときこそ、自分から伝える

「自分のことをすべてわかってほしい」
「何も言わなくても察してほしい」
「なんでわかってもらえないんだろう」

恋愛をしていて、そう思ったことのある人、きっと多いはず。
私もそのうちの一人です。

 

どんなに愛しあっていても、言葉を交わさずにすべてを理解し合うのは難しい。
そのことに気づくまでに、ずいぶん時間がかかりました。

 

Me-time004_03

 

当時の私は「愛情と理解は比例するもの」だと思っていました

愛していれば、わかるもの。
理解したい気持ちがあれば、わかること。

そう思い込んでいたから、相手を責めてケンカになってしまったことも少なくはありません。

 

でも、友人が彼と喧嘩している様子を見ていて、ふと思いました。

「自分はどれだけ伝える努力をしただろう」と。

そのとき初めて「相手に理解を求めるだけじゃだめなこと」に気付きました。そして、「わかってくれないという言い訳を盾にして甘えていること」にも。

 

Me-time004_01

どれだけ一緒に過ごしても、わからないことってたくさんある。
でも「好きな人だからわかってほしい」という気持ちは誰もが持ってる。

だから、わかってもらいたいときこそ、ちゃんと気持ちを伝えなくちゃいけない
怒ったり泣いたりするんじゃなくて、嫌だったことも悲しかったことも言葉にして伝えること。

そんなシンプルなことの積み重ねが、いい関係を作っていくためには必要なんだと気づいてから、自分自身も二人の関係も軽やかに過ごせるようになった気がします。

 

 

「こんな簡単なこと、わざわざ口にしたくない」
「自分の気持ちを説明するのは苦手だし、難しい」

そんな風に感じる人もいるかもしれません。
だけど、これは彼との愛情を深めるために必要なこと。

理解してもらうための努力は、きっと二人の笑顔に変わるはず。

 

Me-time004_02

お互いに歩み寄るためには、優しさを持つことが一番大切。
そして、自分からその優しさを差し出すことも愛なんじゃないかと思います

理解することや伝えることは、思いやりと愛情があるからできること。
もしもうまく伝わらなくても、伝え方や言い方を変えて伝え続けること。
諦めないことも相手への愛情であり、向き合うことには必要なことなんだと思います。

 

だから、自分のことをわかってほしいと思うときこそ、言葉にして伝えること。
それは、あなたのことが大切だと伝えること」でもあるんじゃないでしょうか。

伝える
Follow us.