CATEGORY

自分と向き合う

  • 2022年2月5日

ないものを数えるより、あるものを愛せたら

「失ってから気づくこと」が多いのは、知らず知らずのうちに「ないもの」を数えてしまうからなのかもしれない。欲を持つのは悪いことじゃないけど、今あるものをめいっぱい愛せるようになれたら、もっと幸せを感じられるのかもしれない。

  • 2022年2月5日

わかってほしいときこそ、自分から伝える

「自分のことをすべてわかってほしい」「何も言わなくても察してほしい」「なんでわかってもらえないんだろう」 恋愛をしていて、そう思ったことのある人、きっと多いはず。私もそのうちの一人です。   どんなに愛しあっていても、言葉を交わさずにすべてを理解し合うのは難しい。そのことに気づくまでに、ずいぶ […]

  • 2022年2月5日

丁寧な暮らしより、心地よく暮らす

好きなものに囲まれて、自分の機嫌を上手に取りながら、日々を過ごしている人はとても素敵だと思う。でも、こうあるべき。とイメージが先行した「丁寧な暮らし」という言葉に、少し居心地の悪さを感じてしまうことがある。 ・ そもそも、丁寧な暮らしってなんだろう。 豆を挽いてコーヒーを淹れたり、自家製のお味噌を作った […]

  • 2022年1月19日

新しい恋を大切にするために必要なひとり時間

好きになれる人に出会って、その人に愛される。それは奇跡みたいなことだから、恋人がいないことを寂しいなんて思わなくてもいい。だけど、やっぱり孤独だったり寂しかったり、辛い時間を過ごしている人もいるかもしれません。 そんな風に愛する人を求めるほどに、一人が辛くなってしまうこともあるけれど、それはいつか出会う […]

  • 2020年2月13日

自分を知ることは幸せになるための第一歩

就職をして数年したら、自分を愛してくれる人と幸せな家庭を築く。そんなぼんやりとした理想は、夢物語だったんだろうか。 SNSに並ぶ、まぶしい家族写真。学生時代の彼も、気づけばスマホの向こうで立派なお父さんになっていた。 出会いもなく、会社と自宅の往復の日々。一足先に結婚や出産を経験した友人たちは、別世界に […]

  • 2019年12月4日

大人だって、何度でも未来を描き直せる

前にならえ、と教えられた子どもの頃。それでも、心はきっと自由だった。 成人して、少しずつ夢と現実とのギャップを感じ始める20代。あの頃想像していた30代は、もっと大人だと思っていた人も多いはず。 悩みなんてなくて、考える力も判断する力も、お金だって今よりもっとあって…。 現実は、社会に出ても何度恋をして […]