もしこれが最後でも、ちゃんと笑顔を思い出せるように

おはよう、いってらっしゃい。

ただいま、おかえりなさい。

 

私たちは、毎日おなじ言葉を交わす。
送り出すときには、ぎゅっと抱きしめる。

それは、これが最後になっても後悔しないため。

小さな意地をはらずに、大切な日々を愛しいまま愛するため。

 

縁起でもないことかもしれない。考えすぎ、かもしれない。

でも、もしものことなんて誰にもわからない。

だから、ちゃんと笑顔を思い出してもらえるように。
私も笑顔を思い出せるように。

 

どんな理由でも、わだかまりは次の日に持ち越さないこと。

付き合いはじめて、これだけは「そうしようね」って伝えたこと。

それは、もし朝が来なくても後悔しないように。

「ごめんね」って言えばよかった、って後悔しないように。

 

そんなの心配しすぎだと、笑う人もいるかもしれない。

でも、それほどに大切に思っているから。

 

あたりまえの日常なんてない。

出会えたことも、愛し合えたことも、たくさんの奇跡がつながったから。

この先、どんな日々が訪れても、あなたでよかったと思えるように。
私でよかった、と思ってもらえるように。

今日も笑顔で、おかえりなさい。

Follow us.