言葉は誰かを守るために、愛するために、ありがとうを伝えるためにありますように

だれでも、いつでも発信できる。
そんな今は、とても自由でたくさんの可能性があって、素敵。

だけど、面と向かっては言えないような言葉が、スクロールするたびに流れてくる日もある。

自分に向けた言葉じゃなくても、ダメージを受けてしまう人もいるはず。

  

どんな発言をするのも自由だけれど、画面の向こうには人がいて、その人にも心があることは忘れないでいたい。

もしかしたら自分を守るために、誰かを傷つけている人もいるかもしれない。
否定することで、自分の正しさを主張したい人もいるだろう。

善人なんていないし、偽善者になる必要はない。
でも、誰かれかまわずに傷つけていいわけがない。

こんな言葉さえもきれいごとだと片付けられてしまうかもしれないけれど、発した言葉はいつか自分に返ってくるはずだから。

 

ときに間違いを正すことも必要。だけど、そのときには相手を認めて、伝わるように伝える努力を忘れずにいたい。

あなたのまわりにある言葉が、誰かを守るために、愛するために、感謝するためにありますように。

Follow us.