新しい恋を大切にするために必要なひとり時間|幸せになるための恋愛作法

一人で過ごす時間。
それは孤独と隣り合わせだけど、未来の私のために使える時間でもある。

恋をしていないと、愛する人を求めるほどに一人が辛くなってしまうこともあるけれど、それはいつか出会う誰かを大切にするためのレッスンなのかもしれない。

 

一人の時間が長くなるほど、好きな人といられる時間が、どれほど貴重で尊いものなのかを実感する。

安心して眠る夜の心地よさも、目覚めるときのぬくもりも
手を握り返してくれる嬉しさも、将来を語り合うことも、明日の約束をすることも、どんな些細なこともとても素晴らしくて幸せに思える。

 

誰かに愛されることや愛することの幸せが近くにあるときには忘れてしまいそうになる。でも、そんな寂しさと温かさの両方を痛いほど感じるときこそ、次の恋を大切にするために必要な時間なんだと思う。

愛し愛されることは、何よりも尊いこと。
それを知ることは、幸せをつかむための第一歩。

 

歳を重ねるほど、自分と向き合うほど、簡単には誰かを好きになれない。

だからこそ「この人だ」と思ったとき、その手をちゃんとつかめるように。

そのためには、

素直でいること
恋をする自分を否定しないこと
これまでの恋と比べないこと
相手をまっすぐに見つめて、知っていく努力をすること

そうすることで、出会いの意味や幸せの尺度が変わっていく。

 

幸せはふたりで作っていく時間に生まれるもの。
そして、愛し愛されるふたりの間にあるもの。

 

結婚や恋愛という目的を果たすためじゃなく、自分に素直になる気持ちを大切にすることは、やわらかな未来をつくるためにも大切なのかもしれない。

Follow us.