悲しみを抱えきれなくなったとき、手放す勇気も必要なのかもしれない

家族、友達、恋人。
私たちは、いろんなつながりの中で暮らしている。

どんな関係性でも、ひとりの人間同士。
わかりあえないことがあっても、困っていたら助けてあげたい。
きっと、大切にするってそういうこと。

“話しているとなんとなく寂しい気持ちになる”
“会ったあと、なんとなく疲れる”
“理由はわからないけど心がもやもやする”

もしも、あなたが友達や恋人、家族に対してそんな違和感を感じているとしたら、一度その人との関係性を見つめ直してもいいのかもしれない。

友達だから、恋人だから、家族だからといって
自分が感じている違和感を、無理して閉じ込める必要はない。

誰もが心を持って生きていて
あなたは大切にされるべき人だから。

優しさも愛情も、一方通行の関係は悲しい。与えるばかりの関係では、いつかバランスがとれなくなってしまうかもしれない。

ちゃんとあなたの言葉に耳を傾けてくれているのか
困ったときに手を差し伸べてくれるのか
あなたの気持ちと向き合ってくれているのか

誰かといるのに孤独を感じるのはやっぱり寂しい。

一度交わした手を離すのは簡単なことではないし、きっと思い出も想いもたくさんあるでしょう。でも、もしそれ以上に悲しみを抱えきれなくなったとしたら、関係を手放すことは悪いことじゃない。

あなたの優しい気持ちは、大切に受け取ってくれる人のためにあるもの。
そして、あなたも同じように愛されるべき人。

そのことを忘れないでいてほしい。

まわりの人たちは、あなたのことを大切にしてくれていますか?
そして、あなたも大切な人を心から愛せていますか?

Follow us.